あしなが写真倶楽部 撮影レッスン ステップ3




構図とフォーカス



皆さんはここまでシャッタースピードと絞りの関係、それからプロの技である被写体深度のコントロールをマスターされたことと思います。さあ、次のレッスンは構図とフォーカスです。


アーティストの視点からは写真と絵画はよく似ています。絵画の学生が絵の書き方を習うように、写真を思いのままに撮ることができるようになったあなた。ここで質問です、あなたは何を撮りますか? そのテーマ(主題)は? 観光地の風景、家族、お花、などなど。あるいはカワイイモデルさんもいいですよね!


構図とは、限られた写真の枠(フレーム)の中で、テーマ(主題)をいかに表現するか、ということです。 それでは上達の近道は? それはあなたがいいな~と思った写真の構図をまねること、です。 なるほど・・ でもその前によくある失敗と、有名な構図理論を学んでおきましょう。

よくある失敗例



写真教室 撮影レッスン 撮影会
の画を見て下さい。写真の主題は当然家族です。しかしながら、構図という観点からは、主題が写真全体の枠の中で小さすぎます。もうひとつの問題は上下のバランス。頭上にスペースが空きすぎています。 でも、同じような構図の写真を見たこと、ありませんか? 実はズームレンズが付いたデジタル一眼をそのままで撮影すると、このような画になりがちなんです。それはどうして?










写真教室 撮影レッスン 撮影会
この画はホテルのスタッフの方に撮影をお願いしました。私から何の説明もなかったので、AFポイントを私の顔に合わせて、シャッターを切った.. そしたらこのような画になった。ちゃんと説明をしなかった私のミスでした。画像をLCDモニターでチェックをして、カメラ設定を多少変更して、2枚目の撮影をお願いしました。












写真教室 撮影レッスン 撮影会
さて、皆さんは設定のどの部分を変えたか、お分かりですか? 答えは、ズームレンズを、初期状態の広角から、中望遠に、そしてAFポイントを上に移動しました。 そして、ホテルスタッフの方に、私ではなく、娘の顔に赤い印(AFポイント)を持ってきて、アップで撮影をしてください、とお願いしました。結果はご覧のとおり、ばっちり構図でお写真を撮って頂けました。











構図の三分割法



写真教室 撮影レッスン 撮影会
構図の理論の中で一番有名なのが三分割法です。もちろんプロも積極的に活用しています。三分割法とは、例のように、上下左右に写真全体を三分割ずつして、その線上もしくは交点(グリッド)に主題を持ってくる方法です。最近のデジタル一眼カメラは、ファインダーの中、あるいはLCDモニターに三分割法のガイドライン、あるいは交点に目印(グリッド)を表示できる機種もあります。


三分割法の構図で撮影をされた写真は、主題が中心にあるよりも、バランスが良く、自然に見えます。それは、人が絵や写真を見るとき、無意識に中心と端との間、つまり三分割法の線上あたりを見るから、だそうです。なるほど~




写真教室 撮影レッスン 撮影会
三分割法で撮影する、ということは、主題は写真のセンターにはなく、上下左右どこかにずれる、ということですよね。その際忘れてはいけないこと - AF(オートフォーカス)ポイントを主題に合わせて動かす、ということです。そうでないと、主題がピンボケになっちゃいますよね。作例では、AFポイントを右上に動かして、モデルの目に合わせています。


このように、AFポイントはファインダーで主題を見ながら、構図を決めながら、頻繁に移動させることが多いです。AFポイントの移動方法はカメラによって違いますので、ご自分のカメラで、ファインダーを覗きながら、自由自在に移動できるよう、練習してみて下さい。





練習セッション E
横位置の作品を三分割法で制作してみる


写真教室 撮影レッスン 撮影会





さあ、それでは実際に構図の三分割法を使って作品を撮ってみましょう。レッスン2で生んだ被写体深度を生かす方法も組み合わせてみます。


1) 背景として適当な場所を選びます。ISOを400、Aモードにして、絞りは解放状態。ズームレンズの焦点距離を中望遠にして、できるだけ被写体に近く寄ります。
2) もしファインダーやLCDモニターに三分割法のガイドラインやグリッドが表示できるのであれば、表示します。ファインダーを見ながら、主題(モデルやお花など)をガイドライン上に配置(動いて頂く)します。背景とのバランスを見ながら、カメラマン側でも微調整を行います。
3) 構図が決まったら、ファインダーを見ながらAFポイントを動かして、モデルであればカメラに近い方の目に、お花などであれば、花の中心に合わせます。ピントが合焦したら、即パシャリ! モデルの撮影であれば、瞬きをする場合がありますので、同じ構図で2、3枚撮影をしておきます。
4) 撮影した画をLCDモニターで確認します。もし露出を変更したほうが良いと判断した場合は、A(絞り優先)からM(マニュアル)モードに変更、絞りは解放のままで、シャッタースピードを調整して、画像の露出を調整します。
5) 構図の三分割法は、左右どちらでも主題の配置が可能です。主題の位置を左右を入れ替えて撮影、三分割法に慣れて下さい。


いかがですか? レッスンを受ける前と比べて、格段にステキなお写真を撮影できるようになりましたよね! おめでとうございます〜




撮影レッスン お一人さま 6,000円(税込み)

- プライベートレッスン 1.5時間
- グループレッスン 3時間(2名さま以上) 3名さま以上でのお申し込みは、割引料金が適用となります。
- 東京・もしくは横浜での開講となります。関西など、他の地方での開講も可能です、下記フォームよりお問い合わせ下さいませ。
- 当日のレッスン内容は、お客さまのご希望、経験、機材などにより判断、最適な内容で実施させて頂きます。

写真教室 撮影レッスン 撮影会