あしなが写真倶楽部 撮影レッスン プロローグ





まずはデジタル一眼レフカメラの基本構造を理解しましょう。ご存知のようにi-Phoneや普通のデジカメでもキレイな写真は撮れます。でもプロは大きなレンズの付いた一眼レフカメラを使ってますよね・・ 何が違うのでしょうか。
下のイラストはデジタル一眼レフカメラの主要なパーツです。フィルムがイメージセンサーに、そしてLCDモニターが付いたこと以外、カメラの基本構造は過去20年ぐらい変わっていません。

写真教室 撮影レッスン 撮影会



i-Phoneにもレンズ、シャッター、イメージセンサーとLCDモニターがあり、モニターがファインダーを兼ねています。デジカメにはそれに加え、絞りが付いています。ミラーレス一眼もほぼ同じ構造です。


シャッター(ボタン)を押すと・・



1) 被写体がミラーとプリズム越しでファインダーに見えています。

写真教室 撮影レッスン 撮影会




2) シャッターを押すと、ミラーが瞬間的に跳ね上がり、シャッター幕が開きます。そうすると、レンズと絞りを通った光がイメージセンサーに届き、画像が記録されます。ミラーが跳ね上がっている間、ファインダーは真っ暗です。

写真教室 撮影レッスン 撮影会



3) シャッタースピードとして決められた時間を経過すると、シャッター幕が閉じ、ミラーが元あった場所に降ります。再びファインダーに画像が戻ります。記録された画像はLCDモニターに映し出すことができます。

写真教室 撮影レッスン 撮影会



4) そして再び1)に戻ります。連写の場合は、1秒間に4回〜10回、この動作を繰り返します。




どうしてプロはデジタル一眼を使うの?



写真教室 撮影レッスン 撮影会
どうしてデジタル一眼レフカメラにはミラーやプリズム、ファインダーといったパーツが残されているのでしょうか。
いくつか理由がありますが、撮影時の気持ちよさが上げられます。光学ファインダーで見えている画を切り取る瞬間、ミラーが動く音と実感。まるでハンターが獲物を撃つような気分にさえなります。もちろん物理的にも右手でグリップを、左手でレンズの下を、そしてファインターでもカメラを固定する三点支持の撮影姿勢が、手ブレを防止する効果も見逃せません。


また、良く知られたデジタル一眼のメリットにレンズを交換できること、があります。例えばサッカーの試合中継で、まるで大砲のようなレンズを抱えたカメラマンを見たことはありませんか?もちろんスポーツ撮影のプロが使うたいへん高価なレンズですが、それでも同じメーカーであれば、お手持ちのカメラに装着して、お子さんのサッカーの撮影に使うことも可能です。


レンズの選択としては、タイプ(APS-C用か、フルサイズ用か)、焦点距離(広角か、望遠か、ズームか)、そして絞りの最大値(F1.8、F5.6など)があげられます。詳しくはレッスンを進める中でご説明します。


写真教室 撮影レッスン 撮影会
そして最後に一番大切なポイント。光が少ない、屋内でのダンスやスポーツと言った、キビシイ環境下での撮影でも、カメラの性能を最大限に引き出すことによって、i-Phoneなどでは決して撮ることのできない画像を撮影できます。しかしながら、カメラがあくまで道具に過ぎません。撮影される方の知識や技術、クリエイティブマインドといったもっと大切な部分があって、はじめてすばらしい作品が制作できます。あしなが写真倶楽部の撮影レッスンは楽しく撮影の基礎を身につけることができる、最短コースでのカリキュラムとなっています。








撮影レッスン お一人さま 6,000円(税込み)

- プライベートレッスン 1.5時間
- グループレッスン 3時間(2名さま以上) 3名さま以上でのお申し込みは、割引料金が適用となります。
- 東京・もしくは横浜での開講となります。関西など、他の地方での開講も可能です、下記フォームよりお問い合わせ下さいませ。
- 当日のレッスン内容は、お客さまのご希望、経験、機材などにより判断、最適な内容で実施させて頂きます。

写真教室 撮影レッスン 撮影会